暮らしの問題をときながら、
しあわせな明日をつくる。

スーパーに発見があれば、
毎日の買い物はもっと楽しくなる。
買い物が変われば、
食卓は、もっと幸福になります。

たとえば、
そんな小さな暮らしの変化からも
ひとの生き方を、
よくしていくことができる。

メッセージ

安心でおいしい食材が
あたり前のように手に入るようにしたいと、
私たちは、農業というビジネスに
進むことにしました。
そうすれば、
農業をする人の暮らしも豊かになります。
すると地方で暮らすことが、
もっと素敵に思える社会がくるはずです。

エネルギーの問題にも、
私たちは進むことにしました。
太陽光発電という事業を、
地域の人たちと一緒に運営できれば、
環境問題を解決するだけでなく、
その地域の経済が回り出します。

メッセージ

変化の入り口は、
街にあるスーパーでも、
一人ひとりの暮らしや生き方をみつめていけば、
やがて大きな問題を
解決する糸口に立つことができる。

小さな一歩をおろそかにせず、
けれど、
つねにみんなが望む未来や社会について考えながら、
つぎの世の中を創生していこう。

それが、私たちの芯のところにある、考え方です。

メッセージ